おおした鍼灸院

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

お腹の中の赤ちゃんが妊娠28週の時点で逆子だと診断された場合、このまま位置が変わらなければ帝王切開を行うことになると焦っているお母さんは少なくありません。逆子を改善するためには自宅で行う逆子体操などもあり、早期は逆子対策やお腹の張りを抑える薬を服用することで位置が戻る場合がありますが、妊娠30週を過ぎてしまうと赤ちゃんもしっかり成長しているので自然に戻ることが難しくなります。そこで注目されているのが、東京にある鍼灸院で受けられる「逆子治療」を受ける方法です。鍼灸院で行われる鍼灸治療は、逆子の矯正に一定の効果がある調査資料を全日本鍼灸学会が発表しており、主至陰と呼ばれる体のツボに対し、お灸を片側15分ずつ30分かけて実施することで、鍼灸を行わなかった130人の妊婦さんの矯正率が58.5%だったのに対し、鍼灸を行った130人の妊婦さんは76%が矯正された結果が残っています。そのため東京の鍼灸院で行う鍼灸治療は、鍼灸による胎動が増加することが明らかにされており赤ちゃんの位置を矯正する効果が高いとされます。また東京の鍼灸院で行われる治療は、位置の矯正だけではなく妊婦さんの悪阻の症状を改善し、切迫早産予防にも一定の効果が期待されていることも特徴です。薬を使用した治療方法もありますが、中には妊娠中に薬物はあまり使いたくないという方も多いため、鍼灸院での治療という選択肢があるのはとても心強いという妊婦さんの声はとても多いです。実際に鍼灸院で行われている治療は、足の内くるぶしの頂点から指4本の場所にある「三陰交」と小指の生え際の最も外側の「至陰」の2ヶ所に鍼灸治療を行うと、三陰交なら冷えを解消し赤ちゃんの動きを促進させる効果と、至陰なら全身の血流改善で赤ちゃんが動きやすくなる効果が期待できます。足先は体の冷えを解消して、下腹部など子宮周りの状態を整えるために重要な場所なので、きちんと鍼灸治療を受けることで子宮の状態を改善し、赤ちゃんが回転しやすい環境をサポートすることが可能です。
<関連情報:逆子 鍼灸院 東京