サガミ巧芸

神奈川の会社・店舗・事務所・工場などの看板デザイン、製作、施工の事なら何でもご相談ください。弊社はオリジナルのアイアンサイン、木調風特殊パネルやカルプ文字、LED薄型突き出しサイン等「あなたの街にひとつの看板」をご提供します。

看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

看板制作を依頼する時に注意して確認しておくべきことがあります。それは設置した後の対応で、一般的にはアフターサービスとかアフターフォローという言葉で表現されています。平塚に有る看板会社においても各会社がそれぞれにアフターサービスに関する提案をしています。看板自体の料金やデザインは言うまでもなく重要な要素になりますが、設置後の対応も決して軽視することは出来ないことです。最悪の場合は落下や転倒という事態が起こってしまうことも念頭に置いて対応しなければいけません。そんなことは起こらないという前提で考えていると取り返しのつかない事になってしまうこともあります。そういった事態を避けるために大切な役割を果たしてくれるのがアフターサービスです。設置した直後に状態の確認をするサービスが付帯している会社もありますし、経年劣化を想定した長いスパンで対応している会社もあります。いずれにしても定期点検などは行っておかなければいけないことになるので、サービスとして含まれているところを選んだ方がいいでしょう。施工費に含まれている場合は形式的には無料のサービスという形になります。有料のオプションとして選択できるようになっているところもあります。最低限必要なことは必ず実施しなければいけないので別料金になっているところよりも、最初から費用に含まれているところを選んだ方がいいかもしれません。平塚市内で看板が落下するというような事故はほとんど起こっていませんが、メンテナンスをしなくても事故が起こらないというわけではありません。設置しているところがそれなりの対応をしている結果として平塚で事故が起こっていないと考えられます。メンテナンス費用に関しては節約すると取り返しのつかない結果を招く可能性があるので、看板制作の依頼におけるアフターサービス内容の確認では、どこまでのメンテナンス作業が含まれているのかに注意して確認しておきましょう。
<関連情報:看板 平塚