浪貝畳店

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

近年は注文住宅や建売住宅、賃貸住宅を問わずに洋室がメインになってきました。洋室は手入れが楽であり、例えばフローリングは掃除しやすいのがメリットでしょう。和室は手入れが面倒という理由で、東京における住宅でも洋室が一般的になりましたが、まだまだ和室は熱狂的なファンが大勢います。フローリングを使用したけど肌に合わず、畳張替えをしたという人は少なくありません。畳の素材であるイグサはすがすがしい香りに加えて、優れた調湿性を持っています。調湿性とは湿度を調整する性質のことで、湿気を吸収するだけでなく、室内が乾燥しているときは程度な水分を放出する機能も有しています。フローリングから畳張替えをすることで、年間を通して快適な空間を実現できるわけです。日本の家屋は高温多湿にさらされやすく、そうなればカビやダニの温床になりかねません。東京でフローリングから畳張替えをした家庭からは、湿気が溜まりにくくなったという声が聞かれています。すでに畳を使用している家庭においても、10年サイクル程度での畳張替えをおすすめします。畳が劣化してカビが生えるようになると、調湿性が低下してしまうからです。そうなれば湿気をうまく吸収できなくなるので、部屋の快適性まで低下してしまいます。畳は紫外線によって焼ける性質もあるので、畳のメリットを生かし続けるためにも定期的に畳張替えを行ってください。新しい畳は使用していて気持ちよく、リラックス作用を促進するメリットもあります。東京の賃貸物件には現在でも畳を愛用しているところがありますが、この理由のひとつがクッション性です。例えばフローリングに食器を落とすと高確率で割れてしまいますが、畳だと割れないことが多いです。これは畳のクッション性のなせる技であり、衝撃を軽減できるので騒音が発生しにくくなるわけです。室内を歩いたときはフローリングより畳のほうが下階に物音が伝わりにくくなります。
<関連情報:畳張替え 東京